アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ちゃいならいふ@煙台
ブログ紹介
山東省煙台市でのんびり暮らす駐在妻の気ままなブログ。
最近、街が発展してきました( ^0^/)
zoom RSS

朝日ブランドの成分無調整牛乳を試飲してみました。

2008/10/11 16:08
画像

先月、粉ミルクだけでなく、乳製品も有害物質メラミンに汚染されていたことがわかったので、朝食でヨーグルトや牛乳に手を出せなくなりました。
しばらく中国メーカーの乳製品は食べれないなあと困っていたところ、アサヒビールの子会社(山東朝日緑源乳業)が高品質の牛乳を発売したとのニュースがありました。朝日緑源農業という会社がオーストラリアなどから厳選し導入した乳牛で酪農をやっていて、ここで搾乳した牛乳だけを原料に使っているそうです。
【ちょっと脱線して仕事モードになりますが、私の経験では、中国では液体や顆粒状(バラ物)の原材料を買う時に品質的に信頼できる中間業者を見つけるのは難しく、水をぶち込んで重さをかせぐのはよくあるケースで、「安い=混ざり物=低品質」の公式があるといっていいです。今回のメラミン事件も水混入をメラミンでごまかすという典型的なパターンです。また間に人が絡めば絡むほど品質面でごまかされるリスクがあるので、できるだけ生産者に近い人から購入するのがリスクが少ないと思います。】
http://www.asahibeer.co.jp/news/2008/0919_2.html

国慶節の後、さっそく煙台で売られているアサヒの牛乳を見つけ、飲んでみました。
お味は日本の牛乳に近く、牛乳らしいコクがあり、やはり美味しいかったです。ただ値段が500mmパックで約11元と高いのですが、『プレミアム牛乳』と宣伝するだけあって、光明の紙パック牛乳や蒙牛の純牛乳などと比べると、味の差は歴然です。
安全性の情報ですが、煙台の牛乳メーカーについて先月当局による検査がありましたが、アサヒの牛乳はメラミン未検出でした。
http://www.yantai.gov.cn/cn/html/text/gggs/2008-09-19/394480.html
(1つめの添付資料を開いて、企業NO.110のところをチェックして下さい。煙台の他の乳製品メーカーも未検出の会社が多かったようです。)

ちなみこの日本の技術で作った成分無調整牛乳は煙台のジャスコで買いました。
ジャスコさん、これからもこの牛乳を買いますので、高くてあまり売れなくても、すぐ取扱い中止にしたりしないでくださいね。よろしくお願いいたします。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


大混雑するビザ手続き、順番待ちで6.5時間の立ちっぱなし!

2008/09/14 02:24
管理人に替わりブログを再開すると宣言しながら、狼少年のように公約を破り、申し訳ありません。
突然ですが、管理人のパートナーであります代理人が今後、時どき煙台での面白い情報や体験をご紹介していきますのでよろしくお願いします。
さて、既に手続きをしてご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、昨日居留許可の更新に行き、「これぞまさに中国」という大変な経験をし、書かずにはいられなくなりましたのでレポートします。

今週木曜日に会社のビザ担当が市公安局に行ったのですが、大混雑と手続き変更のため、居留許可を更新できずに帰ってきました。彼女曰く、
1.これまで代理人が手続きすればよかったのに、本人が出頭しないといけなくなりました。
 (1)同局で撮影した写真しか受け付けない。
 (2)ウェブカメラで写した顔の画像をパソコンに取り込む必要がある。
2.海陽市、莱州市などに在住の外国人は地元ではなく、市の公安局で手続きしないといけなくなりました。

そこで翌日私も市公安局に行くことに。
到着してみると、以前は列など出来ず、閑散としていたのに、大混雑していて、列が出来ているではないですか。
仕方なく、並びましたが、驚くことに10時過ぎに係官が「午前中はもうこれ以上処理できないので、前から3人を除いて、帰ってください」と指示。
それでも、状況次第では「何でもあり」の中国のことと思い、粘って並び続けました。
11時ごろまた、諦めて午後出直すようにとのアナウンス。聞いてみると11時半に整理券を配るらしい。
ところが11時半ちょっと前に何気なく姿を消した係官が待てど暮らせど戻って来ません。
これに反発した中国人の方々が他の係官に整理券を配ると約束した係官を呼び出すように抗議。
しぶしぶ戻ってきた係官の言い草がいかにも中国らしい。

「上司を探したが、いなかった。上司がいないのに、自分が勝手に整理券を配れるわけないではないか。加えて自分は午後遅れてくるので、そもそも整理券を配る意味がない。」

いつもなら、ここで「それならそうと最初から言え、変な期待を持たせるな!」と爆発するところですが、ああまた来たかぁと今日は冷静に受け止め、午後からまた並ぶことにしました。

午後1時半に到着。既に入口前の階段には10人以上くらい並んでいます。
2時ジャストに開門し、外国人手続き用の3つの窓口(NO.1〜3)に列が出来ました。
午前中、顔見知りになった中国人同士はそれぞれ別の列に並び、「自分の列が一番遅かったら、奢るね。何を奢ってくれるの?牛肉麺をおごる。たったそれだけなの?」などと冗談を交わしながら、賭けをしています。
1時間半が経ちましたが、先頭の人が何故か終わらず、一向に列が前進しません。おまけに会社のビザ担当者が並んだ列はパソコンが不調で30分以上中断。当然割り込みはやられているだろうと思い、よく観察してみると、列が進まない理由がわかりました。

1.先ずは言わずと知れた「割り込み」のためです。割り込みには2つのテクニックがあるようです。
(1)一つの窓口には申請する人の列と顔スキャンを取る外国人の列が出来ます。この外国人の列に並び、ドサ クサに紛れ、窓口カウンターに書類を置き、受け付けてもらう。
(2)もう一つは、当日作った仲間で早く窓口に辿り着いた人に自分の分の書類も一緒に提出してもらう。
2.韓国系企業に多いケースですが、会社の人事・総務担当などが1人で10人分位の外国人の書類をまとめて申請し、受理に時間がかかるためです。
3.最後に係官が手書きの申請書類のデータを一人ひとりパソコンに手入力するのに時間がかかるためです。推測 ですが、初めての申請者の場合は登録データがなくて時間がかかるのかもしれません。

そんな観察をしているうちに、刻々と時間は過ぎ、午後4時台に入り、会社のビザ担当者は前の人達の申請人数が多くて間に合いそうにないと、早くも列を離脱し、他の列の仲間にヘルプを求めています。
しばらくすると、私の書類が、他の列の一番早かった仲間の書類と一緒に窓口カウンターに置かれ、受付を待っているではないですか!
でも仲間の書類も結構時間がかかりそうです。同時に私の列にも二股をかけていましたが、ギリギリ間に合うチャンスが出てきたので、最終的に私の列に賭けることにしました。
時間は4時30分にどんどん迫っており、1人遅れると来週また出直さなければいけない切迫した状態です。次に係官に書類を取ってもらおうとする順番待ちの人たちにものすごい緊迫感が走ってきました。
ここで私の列の係官が、皆が恐れていた一言を発し、席を立ってしまいました。
時間になったので、もう受け付けません。来週また来てください。
他の列の係官はまだ入力を継続していますが、戻ってきたこの係官はみんながお願いしても、頑として聞かず、帰る支度に入っています。
他の列の仲間への再割り込みをトライしましたが、後ろの韓国人もさすがに黙ってはおらず、書類を差し込むことができません。完全に方策を失い、諦めモードに入りかかっていたところに彼らの上司が現れました。
先ず会社のビザ担当者が懇願しましたが、「皆さんの気持ちは理解できますが、係官に残業を強要させることはできません」とつれない回答。
中国では断られてからが本当の勝負。冷静を保っていた私も満を持して、抗議し始めました。外国人とわかるように、最初はわざを日本語で。
「(大声で)とにかく1人だけなんだから、入力してくれよ!」(上司の反応無し)
「(最大の大声で)入力しろっていってんだろ!」(上司がこちらを向く)
ここですかさず、中国語に切り替え。
「朝から今までずっと、待ち続けているんです。一人だけなんですから。どうかお願いしますよ。(懇願)」
ちょっと考えてから、上司が書類を受取ってくれ、一安心。上司が隣の列の係官に指示し、万事OK。
中国はトップダウンが基本ですね、やっぱり。
その後、上司がまた戻ってきて、「さっきは怒っていたでしょ。でも中国語上手ですね。」、「いえ、そんなことないです。受理ありがとうございました。」と社交辞令的なやり取りをしました。
実は私は怒っていなくて、ここは絶対に引けないと思って、とにかく怒鳴り声で訴えただけなんですが、騒ぎになるとやっかいだと思われたのかもしれません。
冷たい対応の中にも、状況によっては人情味のある対応もしてくれますので、諦めずに交渉するのが肝心と思いました。

その後、既に5時を過ぎたら、隣の係官も、もう受け付けないと言い出したため、待っていた中国人の若い女性が涙を流して、泣き出す始末。聞けば、月曜日から金曜日までの間に4日間も通い詰めて、受理してもらえてないという。さすがの係官(男性)も、ここで却下すれば、人でなしと言われかねないため、受け付けることになりました。残りの莱州から来た男性申請者はどうなったのでしょうか。無事中秋節を地元で過ごせたのでしょうか。

とにかく人生最長の列並び「6.5時間」を記録し、足が棒のようになりました。被害者をこれ以上増やさないため、まとめとして気付きを書かせていただきます。

1.現地スタッフがいる方は、彼らに順番待ちを任せて、外国人は列に並ばないほうがよい。(欧米人と韓国人は特にその傾向が強い。割り込みテクニックや現場の即席友人の協力体制など日本人には難しい世界ですので、現地の方に任せたほうが揉め事なく、上手くいくと思います。機を見るに敏、臨機応変かつ社交的なスタッフを選べればベスト。)
  市区部の方は、確実に順番が回ってくる段階になってから、スタッフから呼び出しの電話してもらい、それから駆けつけても、十分間に合う。(私は上司に書類を受取ってもらってから、手続き完了まで30分強かかりました。)
2.受理手続きの順番は以下の通りです。本人がやらないといけないのは(1)と(4)です。私の場合は(2)から(6)で通しで30分くらい掛かりました。
(1)順番待ち中に、先にNO.8カウンターで30元を支払い、奥の撮影室で写真を撮る(15分くらいで完了)。
(2)係官(PC操作員)に申請書類と写真を受取ってもらう。
(3)申請書内容の入力、不明点の質疑(最終中国入国日など)を行う。
(4)係官に顔写真と言われたら、窓口前に立ち、ウェブカメラで顔画像をスキャニング。
(5)係官から手書き伝票を渡されたら、NO.8カウンターに行き、申請費用を支払う。
(6)領収書の内1枚を係官に渡す。
3.係官が処理中の申請書が何人分あるのか、また、自分より前の人達が何人分の申請件数を抱えているのか、現地スタッフに確認してもらい、場合によっては申請人数の少ない列に乗り換える。
  (並んでいる人数より申請人数が重要です。韓国人は一企業当りの外国人数と帯同家族が多いので注意。)
4.勤務時間は午前が8時半から11時半、午後は2時から4時半だったと思いますが、朝一の到着がきつい方々は、12時半とか1時位から並び、午後のトップバッターを獲得するというのも手です。
5.居留許可やビザの期限が9月下旬で、国慶節にパスポートを使われる方(飛行機、ホテル)は間に合わなくなる恐れもありますので中秋節明けすぐに手続きされたほうがよいと思います。
特に期限が近く、どうしてもパスポートを使う予定がある方は、重要な会議があるとか理由を説明して、だめもとで上述の上司に相談し、割り込ませてもらうのが得策です。

書き始めたら、とんでもない長文になりました。少しでもお役に立てれば幸いです。
気まぐれですが、またネタが入りましたら、レポートさせていただきます。

















記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


花火の海

2007/02/17 22:26

中国は今日が大晦日。

みんな家族・親戚で集まって餃子を食べる日です。
街中の商店や飲食店は全てお正月休みに突入。
外食したくても営業しているお店はほとんどありません。

地元民が夕方を食べ終わる18:30頃から徐々に爆竹や打ち上げ花火の音が響き始め、
20時になるとその轟音がピークに。

外では道路を一斜線占拠して住民たちが巨大打ち上げ花火を連発しています。
道路が火の海となって行き交う車も立ち往生。
たまに暴発する花火もあり危険極まりないのですが、これがこの時期の風物詩。
みんなとっても楽しそう。

明日あたり、日本列島で火薬のニオイがしたら・・・
犯人はコイツらです(^^;

それではみなさん、よいお年を・・・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


塔山スキー場に行ってみた

2007/02/13 00:04
暖冬です。
気持ち悪いくらい、あったかいです。

そんな陽気に誘われて、最近女子部でひそかに話題の(?)
塔山スキー場に行ってみました♪

実はこの冬、塔山のふもとに全長200mくらいの人工スキー場ができたんです。
ふもとの住宅街の奥に突如出現したゲレンデにはびっくりしました。

















傾斜は日本でいう初心者コースといった感じかな?
たいした傾斜じゃないです。
ロッカー、ブーツ、板、ウェアは有料レンタルできます。
ウェアに関しては多少滑れる人であれば防水加工の私服で没問題♪

雪質は人工雪なのでやや重く、あまりスピードが出ません。
とはいえ初心者中国人たちが直滑降で突っ込んでくるから、
スピード出ないほうがかえって安全かも…(^^;

数分前に生まれてはじめてスキー板を履いた人たちが
直滑降で勢いよく滑り降りて(=転がり落ちて)来ます。

姿勢は中腰、
ストックを両脇にはさみ、
ギャァァァーーーっと悲鳴をあげながら。

テレビでスキー競技見すぎだよ!

車の運転と一緒でスピード狂が多いもよう。
危ないったらありゃしない(^_^;)

豪快な滑りっぷりから想像できるように、その転び方も豪快そのもの。
シュプール描いて〜なんて優雅な雰囲気、まるで無し(笑)
そんな彼らの姿を見ているだけでも飽きません。

中級〜上級の人には物足りないコースですが、
私くらいのボーゲンスキーヤーにはじゅうぶん楽しめます。

まさか煙台で海を見ながらスキーができるなんてね〜♪
料金が外人価格になっているからいつつぶれるかわからないけど…
毎年滑れると嬉しいな〜♪

興味ある人は行ってみてくださいね^^


「塔山滑雪場」
上斉西路 6番バス終点
(車の場合、紅旗中路に看板があってそこが入口です)
TEL: 0535-6081339
HP: www.tshxc.cn

入場料20元、1時間80元〜
毎日17:00〜19:30はナイター価格(ちょっと安いらしい)
注)受付時にデポジットとして一人300元とられます

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


昆ユウ山公園

2006/11/17 14:03
牟平区にある昆ユウ山国家森林公園に行ってみました。
煙台市中心部からだと車で1時間くらいかな?

画像_画像
この時期りんごの収穫に追われる農村地帯に入るとすぐに、白い岩肌が印象的な山々が見えてきます。もうすぐ森林公園の入口です。
入場料はひとり30元。

画像_画像
途中の池(名前忘れた…)にはかわいいドラゴンちゃんの足こぎボートがあったりして。

ふもとの駐車場からはひたすら石段を登っていきます。

画像
ハイキング、ハイキング、るんるんる〜ん♪

画像
ハァ、ハァ、、、結構キツイ。。。

画像
ゼェ、ゼェ、、、頂上まであとどのくらいなのか誰か教えてくれ〜(T-T)

画像_画像_画像
頻繁に休憩しつつ、紅葉を愛でてみる。
山道(?)は火気厳禁。管理担当のお兄さんがまめにお掃除をしていて、ゴミひとつ落ちていません。これなら入場料30元も喜んで払っちゃう。

画像>_画像
そして頂上からは、この絶景!!
誰かがお供えしたりんご&ビスケットと共に。

連なる山々の向こうには渤海湾、莱山区の海岸線がキラキラ輝いて見えました。
写真ではうまくお伝えできなくて残念!!
見たい人は頑張って登ってください(笑)

山の高さは800m〜1000mの間くらいかと思います。運動不足の私の足で、往復2時間半くらい。ひたすら石の階段を上がっていくので、ハイキングというよりもお寺の修行といった感じです。お水と運動靴は必須です。

実をいうとこの先の岩のてっぺんが本当の頂上らしいのですが、
さすがに命が惜しくて断念したのでした(^^;
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


中国のケンカ

2006/10/26 18:23
この国で生活している人なら1度は中国人同士のケンカを見たことがあるはず。

もともと中国の人って声がデカイし、中国語の発音自体が鋭い音が多かったりするので普通の会話もケンカしているかのように聞こえてしまうのですが、これが口論になると・・・かなり激しい。

先日、大潤発(スーパー)の野菜売り場でダイコンを物色していたところ、私のすぐ近くで突然ケンカが勃発しました。
客のオバチャンが別の客(20歳前後の若い男性)にむかって怒鳴りはじめたんです。
男性のほうは一瞬キョトンとしていたものの、すぐに大声で反論開始!

双方興奮しているのと、ケンカ用語を使ってまくしたてているので何を言っているのか私にはさっぱりわかりません。でも、近くにいたら危険そうなので・・・とりあえずジリジリと後ずさり。
二人の周囲にはあっという間に人だかりができています。

1〜2分の口論ののち、突然オバチャンが暴れだしました!
自分のバッグをぶんぶん振り回して男性を叩いたり、飛び蹴りを入れたりしてます(怖)
そのうち更に興奮し、近くにあった山積みのミカンを掴んで投げはじめちゃった!

ひぇーーーーー、ミカンが飛んでくるよぉぉーーー(T-T)

ミカンに続き、次に弾丸のように飛んできたのは「龍眼」。
それ、お店の商品なのに・・・。

男性のほうは自分のバッグを盾にしながら、大声で怒鳴りまくってます。
(どう見ても腰が引けている)
ますますいきり立つオバチャン。
もう、手がつけられません。

途中、隣の肉売り場で羊肉をさばいていたおじさんが仲裁に入ってきました。
「まぁまぁ、、、」と二人をにこやかに引き離そうとしたものの、オバチャンの体当たりを正面からくらい、あえなく突き飛ばされてしまいました。
このオバチャン、手足を激しく動かしながら同時に口も動かしてるから凄い。

その後もこの状態がしばらく続き、さすがに私も疲れてきてその場を後にしましたが・・・二人のバトルがどのような結末を迎えたのか、非常に気になります。
最後まで見物されていた方がいらっしゃったら結末だけ教えてください。

そういえば、前に三ジャンで見かけたケンカ現場(オバチャンvsオジサン)では、劣勢だったオジサンが自分の前にテーブル&イスを並べてバリケードを作ってました(ひぇ〜〜〜)

中国のオバチャンだけは敵にまわさないように気をつけましょう。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


オリンピックの記念金貨

2006/10/19 16:59
画像


にわかに北京オリンピック関連の動きが増えてきました。
で、今ちょっとばかり気になるものが記念コインです。

2006年、2007年、2008年の3回にわけて発売されます。
金貨、銀貨それぞれデザインが違うのですが、
写真のは今年発売の金貨の第一弾。
馬術と弓術の2競技が発売になっています。

私も欲しーーーい!
でも、高ーーーい(T0T)

何故欲しいかというと、デザインが馬術だから!
やっぱオリンピックといば馬術でしょう(←マニアックですみません)
なかなかいいデザインだと思いませんか?
山東省で出土した2000年前の石碑(?)に刻まれていた「馬に乗る人」のモチーフを
デザインのもとになっているんだとか。

気になるお値段ですが、

金貨&銀貨のセットが 11,500 元
銀貨のセットが      2,600元

こんな大金持って買いに行くの、嫌ですよね。
100元札×150枚。かなり嫌だ。。。
ってゆーか、馬術のバージョンだけ単品で売って・・・くれないか。

発行枚数が60,000枚とかなり少ないので既に入手困難っぽいです。
あーん、出遅れた・・・。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8


秋の野草(煙台編)

2006/09/29 00:57
煙台にも日本の高原にあるのと同じような山野草があるって
ご存知でしたか?

先日うちのダンナさんが仕事で牟平(ムーピン)に行った際、
たまたま見つけた山野草を紙袋いっぱい摘んできてくれました♪
いろんな種類の野草たちをお部屋に飾れるなんてシアワセ〜♪
(日本では採取禁止だもんね〜エヘヘ)

画像


画像




煙台のように起伏の少ない地形の場所では、岩山を除く
ほぼ全ての場所が農地として利用されています。
だから日本で見るような「里山」とか「雑木林」とか「原っぱ」なんてものは
存在しないものだと思っていたんです。

今回このお花たちを見たときには本当に驚きました。
私の大好きなワレモコウ(丸くて赤茶色のピョンピョンしてるやつ)もあって、
うれしい〜〜〜♪

ちなみにうちのダンナさんが一生懸命にお花を摘んでいるその横では
一緒にいた中国人スタッフたちが夢中でピーナッツやさつまいもを
掘っていたそうです(農民の方のOKはもらっていたようですが)

やっぱり中国では花より団子なのね・・・(^_^)

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


新人くん

2006/09/21 23:27
兵馬俑部隊に数千年ぶりの新入隊員、あらわる。


画像



















新人くんの正体はドイツ人の美術大生。

警備員も気づかぬ間に兵馬俑の中に紛れ込み、
直立不動で兵馬俑になりきっていたところを御用になったそうです。


実は警備員たちにもウケている模様。




記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


おひさしぶりです

2006/09/19 23:01
放置プレイ中のちゃいならいふ@煙台、今日から復活!?

というわけで、突然ですがブログ再開します(笑)
おそらくこれまでのお客さまの大多数は見切りをつけて去っていってしまわれたことと
思いますが(涙)、地味〜に再開しますので暖かく見守ってやってください(^^;

当面のろのろ更新でやっていきますのでよろしくです☆

管理人
記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12


閉店の時間です

2006/03/20 14:18
日本のデパートの場合、閉店の時間になると「蛍の光」が流れ、
店員さんたちが丁重にお見送りしてくれますよね?
買い物が終わるまで嫌な顔ひとつせずに対応してくれますよね?
ね?ね?ね?

こっちじゃ180度違うんですね〜。

先日、夜8時すぎの振華デパートでの出来事。
閉店までまだ少し時間がある(と思われ)、いろいろと品定めをしていたんです。
「コレに決めようかな〜?」とほぼ決定した瞬間、売り場の小姐が話しかけてきました。

「ちょっとアナタ、それ買うの?買わないんだったらすぐ出てってくれない?もう閉店なのよ」

・・・へ?
閉店って、まだ閉店時間になってないでしょ???
(アナウンスも音楽も何も流れてないし・・・)

せっかく商品を買おうと決意したのに、一気に購入意欲消失↓
強引な小姐に売り場から追い出され、しぶしぶ出口に向かうと・・・

たくさんの小姐たちが我先にと出口に向かってダッシュしてるじゃないですか!
次々と客を蹴散らしながら出口に群がる黒山の小姐たち。
何をそんなに急ぐのか???

・・・ぽかーん。

彼女たちは一体何を合図に退社しているんでしょうか?
時計を見ると20時15分。
閉店時間って20時30分じゃないの???
あ、もしかして20時30分には完全に消灯する、って意味だったりして・・・。

そしてデパートの外も大変な事態になってました。

小姐たちを乗せようと集まってきたタクシーやお迎えの車が道を占拠し、大渋滞に!
バスの中も小姐たちでギュウギュウ。
そんな車やバスの間を縦横無尽に横切る小姐たち。

中国小姐、おそるべし。

私たちはやっとの思いでゲットしたタクシーの車内で、渋滞が解消されるのを待ってましたよ。
その運転手さんが無線で仲間に「振華が閉店したぞ!道がふさがってるぞ!」と連絡してました。

皆さん、中国の大型店が閉店する時間帯にはくれぐれもご注意を・・・。

あー、でも閉店時間って季節やその日の客入りによって変化するのよね。。。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


落枕ってしまいました

2006/03/13 15:42
こんなに激しく寝違えたの、ひさしぶりです。

実は2週間前にうちのダンナ様が激しく寝違えてしまい一週間程苦しんでいたんです。
そのときは他人事のように思っていたのですが。(←悪妻)
まさか自分の身にも同じことが起こるとは。

そんなわけで昨日は按摩の師匠に治療をしてもらうことに。
こういうときに乗るタクシーに限って運転が荒いのよね〜
カーブを切るたびに激痛が走って、痛いの何の・・・(T◇T)

3週連続で寝違えで駆け込む夫婦もめずらしいらしく、笑われてしまいました。
でもさすが師匠、痛いところを絶妙なタッチでもみほぐしてくれました。
あぁ、やっぱり師匠のゴッドハンドに限るわ〜
40分の集中治療でたったの15元。
申し訳ないくらいです。

枕が高いと寝違えるから低い枕に変えなさい、って言われちゃいました。

そうか、だから寝違えって中国語で「落枕」っていうのね。

身をもって覚えたこの単語。
一生忘れることはないでしょう・・・。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


いちご注意報

2006/03/10 14:24
中国のいちごってこんな感じ。

画像









これは地元煙台産のいちご。
長細い形をしていて、結構甘いです。

そんないちごさんですが、先日なにげなく地元紙「煙台晩報」を
眺めていたところ、非常に気になる記事を発見しました。

「いちごの食べすぎに注意」

・・・はぁ?

頑張って読んでみたところ、どうやらこういうことらしいです:

中国ではいちごを栽培する際に、短期間で出荷できるよう
いちごの成長を促進する農薬を使うそうです。
その農薬っていうのが強烈で、いちごの成熟を早めるだけでなく
それを食べた人間の成熟までも早めてしまうんだとか!!

子供が食べ過ぎると早熟になり
大人が食べ過ぎると老化が早まるらしい。

どんな農薬やねん!

農薬の問題なのか?それとも単に使い方の問題なのか?
どちらにしても非常に中国ちっくな問題であることは確かです。

ちなみに危険ないちごを見分けるには

 ・表面のつぶつぶの色が不自然
 ・表面は赤いのに未成熟な味がする

の2点に注意すること、って書いてありました。

中国在住のみなさん、いちごを買うときはこれらのポイントに
気をつけましょう!!
記事へ驚いた ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 13


生きてます

2006/02/27 14:28
おひさしぶりですー

ガス漏れ記事を書いた後しばらく更新していなかったので
「大丈夫か!?」とご心配いただいた皆様、

大丈夫でっす!

結局治ったのか治ってないのかよくわかりませんが、ガス臭は改善されたので
大丈夫だと思います。たぶん。
灰色の怪しい煙も出なくなったし。

あのあと1週間、ガス会社や熱水器メーカーのオッサン達と連日バトルを繰り返し、
我ながら良く頑張ったと思います。
今後どんなバトルがあっても負ける気がしないもん。(←勝利宣言)
ふふん♪

最初から誠実に対応してくれれば、私だって怒り狂わなくて済むのになぁ。
久々にカロリーを大量に消費したかも。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


ガス漏れ中!?

2006/02/14 17:26
先日の熱水器凍結事件以来、ガスを使うとどうも変なニオイがするんですよ。
吸ってると気持ち悪くなるような、頭がヘンになりそうな・・・そんなニオイが充満するんです。
しかも日を追うごとに濃度が濃くなっていくみたい。

これって・・・危険な状態ですよね!?

中国ってガス関連の事故が多いっていうし(T-T)、こんなことで死にたくないし。。。
そんなわけで朝一番でまずはマンションに常駐してる修理人に見てもらいました。
でも案の定「俺じゃわからないから、熱水器メーカーの人を呼ぶわ」といわれ、そそくさと帰ってしまった。これは一日がかりだなぁ。。。

お昼すぎ、今度はガス熱水器メーカーのいつものおじさん登場(めずらしくすぐ来た)。
なにやらしばらく配線をいじった後、誇らしげに「修理したぞ!じゃあな!」と立ち去ろうとするおじさん(←かなり自己満足げ)。

ちょっと待って、ニオイ問題が全然解決してないっつーの!!

とりあえず逃げられないように出入り口を通せんぼし、大声を張り上げて主張。
(↑煙台では声のデカさで物事の勝敗が決まるのダ)

すると困ったように、「俺じゃわからないからガス会社を呼んでくれよ」と。
じゃあアンタは一体何を修理したんじゃーーー(怒)

現在午後4時、問題解決の糸口見えず。

真冬だというのに今夜も窓を開けて寝なくちゃいけないのかしら。
うーん。。。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4


元宵節

2006/02/13 20:44
昨日は「元宵節」。
春節から数えて15日目の満月の日に家族が集まって団欒を楽しむ伝統的なお祭りです。
なんでも西暦1年頃から始まった慣わしなんだとか(!)
元宵節には湯圓という月見だんごのようなおだんごを食べます。
あたたかいお湯の中に、白玉だんごが泳いでいるかんじ。おだんごの中にはピーナッツ、胡麻、チョコレートなどの餡が入ってます。個人的にはピーナッツ味が大ヒット!激ウマです♪

元宵節の由来はこちら。おだんごの作り方も載ってます♪

我が家は「国から離れては家族で団欒できないだろう」と、知人の某おじさまが一族の団欒の輪に招いて下さいました。出た〜、昼間っから煙台名物の大宴会(笑)
集まった一族は軽く20人を超え、おじさまの息子の彼女を親戚一同に初お披露目しちゃうなど微笑ましいイベントで盛り上がりつつ、やっぱりガブガブ飲まされました(T-T)
2時間の宴会で我が家が二人揃って千鳥足、家に帰って夜まで沈没。
下戸の私達のためにおじさんが用意してくれた張裕のワインクーラーで悪酔いしてしまったようです(-_-;)


話を元宵節に戻しましょう。
夜になると街には写真のような赤い灯籠が灯され、
人々は爆竹や花火の爆音で邪気を払います。
みんながそこらじゅうで火薬モノを打ち上げる
から家の中にいても会話が聞こえない程の爆音
が何時間にもわたって響き渡るんです。

今日あたり、日本列島で火薬の臭いが漂っているかもしれませんね(^^;)

さて、夜は外食ついでに煙台山公園の花火大会を見物♪
花火を見に行ったのか人を見に行ったのか屋台を見に行ったのか、なんだかよくわららないけどとにかくものすごい人・人・人、、、たった25分間の花火のために煙台中の人間と煙台中の屋台が集まったんじゃないかと思うほどの大混乱状態。しかも死ぬほど寒い!!!
それでも負けじと頑張って写真撮って来ましたよ。

以下、煙台灯台と花火の図。
携帯で撮影したからイマイチですが、冬の花火はなかなか綺麗でしたよ^^



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


正月モード

2006/02/10 14:56
旧正月のお休みは明けたものの、街はまだまだお正月気分。
挨拶も相変わらず「新年快楽〜」「新年好〜」といった調子です。
農民さんたちもまだ故郷から戻ってきておらず、市場に行っても野菜の鮮度が悪いうえに値段が高い(T-T)。かぼちゃ1コ10元って、一体どーゆーこと!?
卵も普段の2倍の値段。ブーブー言いつつも買っちゃったケド。。。

それはさておき、春節休み明けのお楽しみといえば。
会社で使っている某銀行から、新年のご挨拶ということでいつも立派なお花をいただきます。
もちろん会社宛ての贈答品なのですが、会社のみなさんのご好意でいつも我が家にお持ち帰りになるんです(いつも気を使っていただいちゃって・・・^^;)。

 置いたとたんにほら、我が家もホテルの一室
 っぽい優雅な雰囲気に♪

 記念撮影後にもったいないけどバラして花瓶に生けなおしました。

 あぁ、お花のある生活って素敵〜^^
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


戻ってきました〜

2006/02/07 13:15
1月中旬から一足早い「春節休み」で日本に戻っておりました。

3週間もの長期間にわたって帰国したのは実は今回がはじめて。
最初の週は日ごろの緊張感から開放されて抜け殻状態となり、何もしないまま終了。
2週間目はご無沙汰している友人知人との再会&グルメに走り回り、
ダンナさま合流後の3週間目は各種手続きやら雑用に走り回って終了。
あっという間でした。

そしてダークな気分で煙台に戻ってきたら猛吹雪でさらにダークな気分(-_-;)
1週間留守にしただけなのに凍結で熱水器が壊れて早速修理だし。200元の出費だよ。
あぁ、相変わらずのダメダメマンション。

ご機嫌なおしに日本で撮ってきた愛しのオリ君の写真でもUPすることにします^^
きんぎょのオリバー、4歳になりました ↓

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


北京オリンピックの記念切手

2006/01/13 23:32

引き続き切手ネタです。

先日ご紹介したアルバム型切手集にも入って いるのがこの北京オリンピック記念切手。
いささか気が早いような気もしますが、気分が盛り上がってなかなかよろし。

ベイベイ、ジンジン、ホァンホァン、インイン、ニィニィ − 続けて読めば「ベイジン ホァンインニィ(=北京は皆さんを歓迎します)」。

ちょっとムリヤリでないかい?(汗)

それにこの正体不明なキャラたちは一体・・・。
ガイジン的にはドラゴンとかのほうが力強くて中国っぽいから世界にウケルと思うんだけどなぁ。。。

こういう絵柄は国産アニメにありがちです。先日テレビでやってた子供向けアニメでもパンダのロボット(!!)が大活躍してたし。このパンダマン(←勝手にそう呼んでいる)、あまりにも衝撃的だったので写真に収めたかったのですが、出番がいつも唐突すぎて撮影できないんですぅ(>_<)

おっと、話がそれました。

ちなみにこの切手集には検品済の印なのか、中国語で「ホンモノ」って書かれた紙切れが挟まってました。さすが中国・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中国の切手

2006/01/11 17:59
最近、中国の切手にハマっています!
だって綺麗な切手が多いんですもの♪

郵便局へ行くと切手を専門に扱う窓口(スタンド?)があり、○○見せて、って言うと職員の人が実物を見せてくれます。

で、先日ゲットしたのがコレ。
戌年があけたばかりなのになぜ酉年かというと、12月に発売される最後の切手もきっちり収める為だそうです。今年の切手集が発売になるのは年末か来年1月ということになりますね。
















見開きページの右側に記念切手のシート、左側にはその解説文が載っています。
2005年は「○○周年」を記念する区切りが多かったようで、内容も盛りだくさん♪

たまたま大連の風景を綴った記念シートが入っていたので「これの煙台版は無いの?」って聞いたのですが、無いそうです。残念・・・。

あれこれ物色していると、コレクターらしきおじいちゃんが記念シートを購入していきました。そして気がつけば私のまわりには人だかりが!みんな一緒に物色をはじめました(笑)。切手集めを楽しむ庶民も多いんですね^^

あと、企業などでは設立記念や○周年記念などにオリジナル切手を作り、関係者に配ったりするそうです。日本のオリジナルテレカみたいなものですね^^

明日は北京オリンピックの記念切手をUPします^^
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

ちゃいならいふ@煙台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる