アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中国語」のブログ記事

みんなの「中国語」ブログ


落枕ってしまいました

2006/03/13 15:42
こんなに激しく寝違えたの、ひさしぶりです。

実は2週間前にうちのダンナ様が激しく寝違えてしまい一週間程苦しんでいたんです。
そのときは他人事のように思っていたのですが。(←悪妻)
まさか自分の身にも同じことが起こるとは。

そんなわけで昨日は按摩の師匠に治療をしてもらうことに。
こういうときに乗るタクシーに限って運転が荒いのよね〜
カーブを切るたびに激痛が走って、痛いの何の・・・(T◇T)

3週連続で寝違えで駆け込む夫婦もめずらしいらしく、笑われてしまいました。
でもさすが師匠、痛いところを絶妙なタッチでもみほぐしてくれました。
あぁ、やっぱり師匠のゴッドハンドに限るわ〜
40分の集中治療でたったの15元。
申し訳ないくらいです。

枕が高いと寝違えるから低い枕に変えなさい、って言われちゃいました。

そうか、だから寝違えって中国語で「落枕」っていうのね。

身をもって覚えたこの単語。
一生忘れることはないでしょう・・・。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


中国で幽霊に遭遇したら何て言う?

2005/05/24 22:42
昨日からダンナ様が出張です。
煙台ではじめてのお留守番(2日目)です。

時々聞こえる汽笛の音が妙に怖いよぉぉぉーーー(泣)
さらに、夜中に天井付近で足音が、ミシッ、ミシッ、と・・・

こ、怖いーーーーーっ(泣)

中国の人にとって幽霊ってどんな存在なんだろう。
キョンシーくらいしか思い浮かばないけど怖いのかな、やっぱり。
日本的な幽霊とはたぶん違うんだろうな〜、ここの国民性から想像すると(^^;)

「おばけが出たぁーーーっ!」、って何て言うんですかね。

やっぱり

アイヤーーーッ、幽霊出来了ーーー!

かな (そんなわけないか)

ヒマなので辞書で調べたところ、おばけ(幽霊)=「妖怪、鬼魂」というのだそうです。
さらに、醜いおばけ=「奇形怪状」というのだそうです。 
相変わらずストレートな表現ですねぇ。。。(^^;

こういうしょーもないことは積極的に調べる管理人でした(笑
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ひ・み・つ♪

2005/03/29 17:39
最近覚えたお気に入りの中国語。

居酒屋さんでしゃおじぇをからかっていると、かわいくこう返してくれるかもしれません。

「みぃみぃ (*^^*)」

→ 秘(mi)密(mi)だそうです。

もうちょっと若かったら使いたいフレーズ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


「ごはんたべた?」の考察

2005/02/05 17:28
中国人の挨拶っておもしろい。

誰でも知っている便利な挨拶、「ニーハオ」。
この後に続くのが「吃飯了嗎?(=ごはん食べた?)」

「ニーハオ、チーファンラマ?」
日本語なら「こんにちは!元気?」、英語なら"Hi!How are you today?" に相当するごくごく一般的な挨拶フレーズだ。

食事後であれば「吃了、吃了(たべた、たべた)」と言えばいい。
まだであれば「没吃〜(まだたべてないよ〜ん)と言えば良いのだが・・・

おもしろいのが、まだだからと言って食事をご馳走してくれるわけでもなんでもない。
「え?まだ食べてないの?なんで?どうして?忙しかったの?それとも(云々・・・)」
というふうに、おしゃべり好きな彼らは会話の「つかみ」としてこのフレーズを使っているようだ。

それにしても、なんで中国では「元気?」じゃなくて「ごはん食べた?」になっちゃったんだろう?

まず思うのが「食は広州にあり」という言葉があるように、中国といえば「食」。だから???
そういえば「飛んでいるものなら飛行機以外は食べる」っていう嘘かホントかわからないような話もあったっけ。
それもあるんだろうけど、もうひとつ忘れてはいけないのが「ほんの十数年前までは食べることすら大変だったという「現実」。

東京で生まれ育った私なんかにしてみれば今の烟台ライフでさえ「食の確保」には苦労している。でも私が感じる「不便さ」は日本で染み付いた価値観から発生するものであり、地元ピープルにしてみればとてつもなく贅沢な要求なのである。

烟台のように中国東北部に位置する寒冷地ではお米も育たないため、主食は今でも「饅頭」や「餃子」といった小麦が中心。一般家庭でも白米を食べるようになったのはごく最近、それでも白いお米が贅沢品であることにかわりはない。

今の若者世代になってからようやく「好きなときに好きなものをおなかいっぱい食べられる」生活になったという。一人っ子政策による一般家庭の家計の負担減も手伝っているのだろう。
それでも経済格差が広がる一方の内陸部、農村部ではまだまだ厳しい「現実」が続く。

ここ烟台でもちょっと前までの食生活の名残か、みんなとにかく良く食べる。しょっちゅう食べる。買い物しながら、歩きながら、仕事をしながら、何かしら食べている。
銀行の窓口でも航空会社のカウンターでも、お姉ちゃんがお饅頭をモシャモシャ食べながら対応。
「食べられるときにおなかいっぱい食べておく」という無意識の行動なのだろうか?
私にはそこに「ごはんたべた?」のルーツがあるような気がしてならない。










記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


中国語レッスン終了 (^-^/

2004/09/30 21:18
渡航に向けて、実は7月から某英会話教室の中国語コースに通っていた。
2ヶ月でなんとか生きていけるレベルにしてくれ!という無理な願いを実現してくれるのは
やっぱりプライベートレッスンである(高いけど)。

幸運にも「北京語言学院」の先生に出会うことができ、2ヶ月間みっちり仕込んでもらった。
そして今日、めでたく全日程を終了しました〜(^^/

最初はそれこそ発音練習から始まって一時はどうなることかと思ったけど、なんとなく
生きていけそうな気になってきたから不思議である(笑)

デパートの中国語案内(ようこそ、店内は禁煙となっております・・・)が聞き取れるように
なったのには自分でも驚いてしまった。
こんなに必死で勉強したのは、大学受験のとき以来かも。

あとは中国人に負けないくらいの勢いで唾飛ばしながらしゃべる練習をするか!?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「中国語」ブログ

ちゃいならいふ@煙台 中国語のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる