ちゃいならいふ@煙台

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国式スーパーマーケット@

<<   作成日時 : 2005/09/13 17:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

煙台には様々なスーパーマーケットがあります。
規模は大小さまざま。数は多いものの、まさにこれから競争が始まろうとしている段階なのでお店の規模に関係なく品揃えはどこも大差無しといったところ。

ちゃい@煙管理人的に「おっ、ここはいいかも」という判断基準は次のとおり:
★ ちゃんとパッケージングされたお肉が売っていること。
★ バターが売っていること。
★ スパゲッティの麺が売っていること。
☆ (おまけ)プリングルスが売っていること。

見事これら基準をクリアした店舗には必ず私の姿があるはず(笑)

さて、こういったスーパーの入り口では必ず「手荷物チェック」をする係員が立っていて、ちょっとした手提げ袋を持っていると「◎▲※☆◆〜!」と言われます。
万引き防止のために口の開いた携行品はお店のロッカーに預けなくちゃいけないんですね。紙袋や買い物袋は全てアウトです。
かなり面倒くさい。ものすごーく面倒くさい。。。

まず、あの怪しげなコインロッカーちっくなモノに大事な荷物を入れることに抵抗を感じてしまいます。後でスムーズに取り出せるという保障が無いし(トラブってる人をよく見かける)、説明書きを呼んでもよくわからないし・・・。

お店によってはロッカー形式ではなく荷物番のオバチャンに預けるところもあります。そーゆーオバチャンに限って荷物チェックが厳しくて、「財布だけ持ったらあとは全て私に預けなさい!」と言って聞きません。
そのオバチャンが一番信用ならないんだよ・・・。

あと、出口では必ず買ったものとレシートを提示しなければなりません。ちゃんとお金を払ったよ、っていうことを証明するために。

ここまでするということは、よっぽど万引きが多いんでしょうね。
じゃあ果物コーナーでの「試し食い」はOKなのかな。それとも黙認してるだけ?
未だにこのあたりのさじ加減(?)がよくわからないのですが・・・。

あーあ、おいしい牛肉が食べたいなぁ〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「中国式スーパーマーケット@」について
「中国式スーパーマーケット@」について 西域のスーパーの話が出ていましたが、2年ほど前から ウルムチ(烏魯木斉)にもカルフールが出来ました。 ウルムチに赴任した当初はスーパーが少なかったです。 露店の肉は台の上にべろっと大きな豚肉(漢民族も多いから売っています)がのっていて、肉に煮しめたような布がかけてありハタキのような物でハエを追っています。 羊肉はぶらさがっています。 鶏はそばに生きたのがいるし、切ってくれと頼んだら包丁でぶっ叩いて着ていた服に飛び散りました。 露店で肉を... ...続きを見る
教師妻は新米教師
2005/10/29 11:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
パッケージの肉・・・・難しそう。鳥は1羽。羽を
ムシって吊るしてあるのが普通だし〜
肉には微妙な味ついているのもあるし〜
魚は鮮度が良いにはほど遠く死んでる?浮いてる?ってイメージーが〜

生物、怖くて買えませんでした。料理もしなかったけど。
パンはわりと味が良かったので購入したけど。
バターはあるか忘れたけどチーズは買ったぞ〜・・・微妙だった。

イタリーメンは案外無いのかなぁ〜結構外食で食べたけど。
フランス系のスーパーにはあるのかな?

ロッカーは良く見るけど荷物番おばちゃんははじめてしりました〜
saruuma
2005/09/13 20:52
確か本屋さんも手荷物は預けるようになってましたね。煙台の本屋は一軒しか知らないけど。中国の本屋・・・あんまりキレイじゃなくても平気で売られています。
りー
2005/09/13 21:56
>saruumaさん
煙台では中国国内で製造された外国食材でさえなかなか入ってこないんですよね。ジャスコやカルフールがある街がうらやましい…。

>りーさん
中国の本屋さんって教育的なものが多くてあんまり楽しくないイメージ。それよりも街の本売りスタンドのほうに興味深々です(笑)
管理人
2005/09/14 19:42
本屋の手荷物持込こっちはOKでした〜ちなみに上海。

本屋の汚い場所にも行ったし〜綺麗な場所にもいきました〜
日本書専門店とか外国語文書とか。

真面目な〜〜お堅い文学本(当たり前?)とかばかりと
思えば翻訳された日本の漫画なんか置いてました。

入院中に先生が暇つぶしに漫画本貸してくれたし〜
封神演技(ジャンプコミック)だった中国語・・・

上海には漫画喫茶なるものもありまーす。暇つぶしには最適。
漫画喫茶は日本語。日本のスポーツ新聞なんかも置いてた。
saruuma
2005/09/14 19:46
>saruumaさん
私は北京の王府井書店に感動しました。中国語わからないくせに料理本買っちゃったり(笑)
漫画喫茶とはさすが上海!いいなー、私も上海で日本の漫画読みたいなーーー。料金は高いのかしら。
管理人
2005/09/15 16:22
料金?あはは。忘れました。それほど高くなかった気が・・・
中国の物価考えれば高いかも。20、30元ぐらいかな?
記憶がなーい。はい。すみません。床屋マッサージよりは
安かったかと。・・・1時間10元かな?
saruuma
2005/09/15 20:50
学校の近くの市場で毎日のように、「たった今、裏でシメて来ました」という感じのお肉を買って料理してました。
牛も豚も鳥も。魚介類ももちろん市場で中国人に混ざって買ってお料理♪
今あれをやれと言われたらやっぱり無理だとは思いますが・・・。

スーパーの荷物預けは、留学してたころはおばちゃん預けが普通だったのに、数年前に行ったら、自動ロッカー(10桁ぐらいの数字打ち込むやつ)に変わっててびっくりしました。
出口の近くに空きがないとロッカー探すのが大変。「荷物預けられないから店内に入れないってなんだ!?」とキレたこともありましたが、人口が多い中国では仕方ないのかもしれません。
スーパーに行ってもあまりの人で買う気が失せて買い物せずに帰ったことも何度かありましたね・・・。
ゆーじー@
2005/09/16 23:06
こんにちは
外資系のスーパーなら荷物を預けなくてもいいところが多いですが、先日行った、西域のカルフールは預けさせられましたね。東北のウォルマートは大丈夫だったのに。青島のジャスコにしても外資系、特に日系のスーパーは、やたらと店員がたくさんいて、彼らが監視カメラ代わりに、万引きを防いでいるような感じですよね。
西域のカルフールには、羊肉がぶら下がっていました。ムスリム用の肉売り場があったし。
春に襲撃された成都のヨーカドーは、休みの日には、エスカレーターに乗るのが一苦労で、乗ったのはいいけど、着いたフロアに人がたくさんいて、降りる場所がなくて、ハラハラしました。本当にスゴイ人。
来週は煙台にいます。
では。
ホンダラ行進曲
2005/09/17 23:40
>saruumaさん
1時間10元だったら半日入り浸っててもOKですね^^

>ゆーじー@さん
あまりの人で買い物意欲が減退して引き返すこと、よくあります(T-T)

>ホンダラ行進曲さん
西域のカルフール、なんだかおもしろそう♪中国のように広いと同じ国でもいろんな食文化があるから、その土地ごとに市場やスーパーの品揃えも違うんでしょうね♪
管理人
2005/09/22 13:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国式スーパーマーケット@ ちゃいならいふ@煙台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる