ちゃいならいふ@煙台

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国のお部屋拝見文化

<<   作成日時 : 2005/05/17 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の午後、予定外のお客さんがたずねてきました。
管理所のお兄さん(←お気に入り)が突然連れてきたのはうちの真上のお部屋のオーナーさん。内装工事の参考にしたいからうちの部屋を見せてほしい、と言ってきました。

中国で不思議のは新築のマンションをコンクリートむき出しの状態でオーナーに引き渡されるという点。 オーナーは借主が見つかった時点(もしくは自分の引越し予定が決まった時点)で内装工事を始めるんですね。 だから私たちも家探しの際には苦労しました。 内装工事が済んでいる新築のお部屋ってすごーく少ないんだもん(涙)。

話を元に戻して、そんな文化があるもんだから「部屋見せて〜」というリクエストも多い。 先月も同じ棟に部屋を持つオーナーさん夫婦が突然尋ねてきてじろじろと見て行きました(笑)。 今日はさすがに散らかっていたので玄関で5分間待ってもらっちゃったケド。

日本では考えられないアポなし部屋公開ですが、こっちでは普通のことらしい。
私たちも最初はいろんなお部屋を見せてもらったから、お互い様か(^^;)

なんでマンションの箱だけを売り出すかというと・・・おそらく趣味・嗜好がバラバラな中国人が思う存分部屋で自己主張できるようにという配慮なんでしょう。
実際、同じマンションでも部屋によってびっくりするくらい内装が異なります。 どこかのナイトバーのようなお部屋から、重役会議室のような重厚なお部屋、そしてレインボーカラーの照明がまぶしい成金ギラギラのお宅まで・・・。

興味がある人はぜひ、各管理会社を通していろんなお部屋を見せてもらってください♪
けっこう楽しいですヨ(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国のお部屋拝見文化 ちゃいならいふ@煙台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる